原産地について

プロポリスには、様々な国と地域の産地があります。
ブラジル産プロポリスhttp://www.lyricsfirst.com/braz.htmlが大変有名で評価が高いのですが、産地はそれだけではありません。

いくつかプロポリスの原産地を挙げます。
タジキスタン、ルーマニア、中国、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、キューバ、ウルグアイ、アルゼンチンなど
本当に多くの国で採る事ができます。

このように様々な地域が産地となっていますが、それぞれの地域により、プロポリスの性質や成分が異なっています。
国によって、生息しているミツバチが異なるからです。
プロポリスの原料となる植物も異なります。
プロポリスのいわゆる製造元である植物が異なって、いわゆる製造してくれるミツバチも種類が異なるということは、
それぞれに特徴があるプロポリスになるということは誰もが容易に理解できるところでしょう。

ではミツバチはどのようなものがあるでしょう。
大まかなミツバチの分け方としては、2種類あります。
セイヨウミツバチとブラジルのミツバチです。
セイヨウミツバチについては、ミツバチといえば実は、この種類のものが最も一般的なのです。

元々、欧米、アフリカなどに生息していたのですが、人間が養殖していく、
養蜂していくという目的の為に、次々と様々な地域に取り入れられたというものなのです。
だからこのセイヨウミツバチはとても扱いやすいらしいです。
世界で幅広いところで養蜂されていますので、普及度合いは高いです。

ではブラジルのミツバチは、どうでしょうか。
これはアフリカミツバチとセイヨウミツバチから出来たものです。
ブラジルの大地で、育まれたこのミツバチは、やはり繁殖能力、プロポリス収集能力も非常に高いものです。
このミツバチの守備範囲は、セイヨウミツバチの2倍とも言える広さをカバーできるのです。
セイヨウミツバチは温室育ちのおぼっちゃんといったイメージでしょうか。
ブラジルのミツバチは、破天荒な暴れん坊といったイメージでしょうか。

このようにミツバチが違えばプロポリスも異なります。
同じ音楽でも美術でも作者が違えば違ったものが出来上がるというのと同じです。